競艇予想は難しい!?舟券を当てやすい競艇場を見極めろ!

競艇(ボートレース)で勝率を上げるためには、予想しやすい競艇場(ボートレース)を把握して情報収集する必要があります。
全国24ヵ所ある競艇場にはそれぞれ特徴があり、風や潮、さらにはコースレイアウトなどでレースの展開が違います。
そこで今回は、競艇初心者の方のために各競艇場の特徴や勝ちやすい競艇場を紹介していきます。

全国に24ヵ所ある競艇場(ボートレース場)には、それぞれ特徴や傾向があります。
長年、競艇を見て予想をしている方には得意不得意な競艇場もあるでしょう。
予想する上で難易度の高い競艇場、難易度の低い競艇場などもあるので、どういった競艇場を中心に予想をしていくかが勝敗に繋がります。
競艇で勝つための近道は、言うまでもなく「的中しやすい競艇場で勝負する事」です。
そのため、予想する際の競艇場選びは極めて重要となります。
今回は、勝つために選ぶ競艇場を紹介していきます。

通称「イン天国」と呼ばれる:大村競艇場

大村競艇場
大村競艇場(大村ボートレース場)は1コース1着率66%で全国1位、通称「イン天国」と呼ばれる競艇場です。
1コース1着率は全国平均が55%ほどなので、66%はとてつもなく高い数字です。
スタンドから第1ターンマークまで距離が48mで間隔が広めにとられており、インコースが逃げやすい作りとなっています。
また、スタートラインの幅が58mと広いので、艇同士の間隔が広くなるのでアウトコースの艇は攻めるまでに時間を要します。
さらに、第2ターンマーク付近のスタンド側にピットがあるため、ピットからの待機位置までの距離が短い事から、枠なり進入になる場合が多いです。
これらの要因が、インコース有利という傾向を作り出していると言えるでしょう。
1コースを軸にしやすいので、手堅く勝ちたいという方におすすめNo.1の競艇場となっています。

朝から信頼のイン逃げ:徳山競艇場

徳山競艇場
大村同様、徳山競艇場(ボートレース徳山)もイン有利の会場で1コースの勝率が65%となっています。
2020年にはイン28連勝という驚異的な記録も打ち立てました。
徳山競艇場は朝に始まる第1R~4Rに企画レースが集中しているのでおすすめです。
企画内容は以下の通りです。

  • 1R「モーニング特賞」:1枠にA級選手&進入固定
  • 2R「グランプリ特賞」:1枠に主力選手&他にA級や機力上位のB級選手
  • 3R「プライド予選」:1号艇にA級、他にA級とB級
  • 4R「モーニング予選」:1号艇にA1級、2号艇にA級

1号艇に主力となるA級選手を置く番組が多いので、1号艇を軸にしやすいといった特徴があります。
なので、徳山で予想をする場合は企画レースで勝負をするといった方法となるでしょう。
さらに、2コースの3連対率が60.8%と高く、インコースで勝負が決する場合が多いので予想のしやすい会場となっています。

競艇予想サイトの無料予想などでしっかり予想できます!

競艇予想は難しい!?舟券を当てやすい競艇場を見極めろ!
タイトルとURLをコピーしました